【40代】白内障改善にはクリニックとサプリ!

【40代】白内障改善にはクリニックとサプリ!

「もしかして、白内障?」40代になって視界がぼやけて見えるあなたへ。

画像

 

最近、下記のような症状に悩まされていませんか?「外出すると目がかすみ、光を見ると非常にまぶしい」「視力が極端に落ち、物が二重に見えることが増えた」など。もし当てはまるなら、白内障の可能性があります。でも、不安になることはありません。白内障の治療には正しい順序があります。

 

 

 

 

あなたは眼科に相談しましたか?

ボタン

白内障は、症状があらわれても急に悪くなることはありません。違和感に気がついたらまずは眼科に足を運びましょう。そこで診察を受けて白内障と診断された場合、医師からおすすめされた目薬やメガネを使用しましょう。

また、視力に効果的なブルーベリーやルテインなどのサプリメントを補って様子を見ましょう。もし、それでも日常生活に支障をきたすようであれば、白内障手術を受けてください。



白内障手術のデメリット・メリット

画像

 

白内障手術は、怖いっという印象がありますよね?もちろん、成功率は100%ではありません。しかし、白内障治療の全世界統計データを見ると失敗した例は0.2%と言われています。つまり、1000人中2人っという計算になります。

 

主に眼内レンズの埋め込みミスや眼内炎などが多く、失明の事例は極めて低い症例です。診察を受けても手術をしないといけないことはないので、一度クリニックに相談してみてください。また、手術以外にも食事やサプリメントで進行を遅らせることもできます。

 

 

 

画像

 

日常生活の不便が解消できる。

白内障の特徴の一つとして、新聞やスマホの文字が読みにくく、目がかすみやすくなります。このような日常生活を送っていることが不便に感じることがあります。また、運転手や技術者など、目が生命線となる職業の方はストレスを感じることでしょう。しかし、白内障手術をおこなえば、仕事も趣味もそのストレスから解放されます。

 

 

他の病気を予防できる。

白内障は目の病気だけではなく他の病気を引き起こす原因となります。目が見えにくくなると、日常生活にイライラが溜まります。それを回避しようと外出する機会が減り、うつ状態になります。

 

うつ状態が続くと認知機能が低下してしまうので集中力が無くなったり、衣類はタンスにしまうといった整理ができなくなったり、手順よく料理ができなくなるなど、日常生活に影響を及ぼします。早期に改善しておくことで別の病気を引き起こすリスクを避けることができるので周囲に迷惑をかけず、毎日を過ごすことができます。

 

 

 

トップヘ